ラップ音楽パフォーマンス

防音工事

日常生活の空間では、常に音は介在しています。
とても静かだと感じているときにでも、30dB(デシベル)程度の音は存在すると考えて良いでしょう。

ある場所で特定の音を対象として考える場合に、対象の音が無い時の、その場所における音の大きさを、対象に対しての“暗騒音”と言います。

当社の防音は、その暗騒音レベルまで対象の音を軽減できれば、周囲に対して「あまり気にならない音」と呼べると考えています。また暗騒音値よりも10dB以上小さい音になれば、「全く気にならない音」と呼べると考えています。

人間の感覚には個人差があり、また人間の感情にも影響するものなので、防音の程度は全ての人に当てはまるわけではないのです。

そもそも「音」とは何でしょうか?
簡単に言うと、空気の振動です。
普段の生活では特に意識しませんが、空気にも重さがあり、重さがあるということは質量があり、質量があるということは、空気も振動するのです。

何かのきっかけによって、圧力が変化して空気が振動する。
この空気の振動が波(音波)として伝わる現象が「音」なのです。
この波が人間の耳に入り鼓動を振動させ、それが神経により脳に通じて知覚されます。

“音響が良くない”といっても、その音響には様々な症状がありシチュエーションによって異なります。
現在問題になっている音響がどのような原因で起こっているのかを検証することから始めましょう。

​是非、私たちにご相談ください。

ピアノを弾く先生
ピアノの授業

ピアノ室

ピアノのレッスン

個人のピアノ練習やピアノレッスン用の防音室をお考えのお客様

ピアノを弾く先生
バレリーナ

ダンススタジオ

バレエクラス

ジャズ、ヒップホップ、ソウル、ハウスなど様々なダンス形態に伴う床振動に対応したスタジオをご要望のお客様

その他

ドラム室

楽器練習室

レコーディングスタジオ

​などなど

当社専門スタッフがお客様の実現したい目的を丁寧に分析・ヒアリング。遮音性能に優れたオンリーワン仕様の快適な防音室をご提案いたします。

ピアノを弾く先生
サウンド機器

オーディオシアター

男は、ヘッドフォンを聴きます

オーディオルームやホームシアター用の防音室をお考えのお客様

  • アスベスト除去 成斗建設
  • アスベスト除去 成斗建設

© 2017-2020 SEITO Construction ,All Rights Reserved.