検索

ご存知でした?アスベスト処理の届出義務者が工事施工者から発注者へ変更になっていることを

平成26年6月1日から環境省より建築物・工作物の解体工事等に伴う石綿(アスベスト)飛散防止対策が強化」されています。 建物をこわすときはどうしたらいいの?(環境省) http://www.env.go.jp/air/asbestos/index6.html これまで吹付けアスベスト処理を含む特定粉じん排出等作業の実施の届出義務者が、工事の発注者から工事発注者または自主施工者に変更になりました。 解体等工事の受注者及び自主施工者は、石綿使用の有無について事前に調査し、その結果等を解体等の工事場所に掲示しなければならなくなっています。 その主な理由として3つあります。 ① 建築材料に石綿が使用されてるか否かの事前調査が不十分である事例が確認されている。 ② 発注者ができるだけ低額で短期間の工事を求めることなどで、石綿飛散防止対策が徹底されなくなる問題が出てきた。 ③ 昭和31年から平成18年までに施工された石綿使用の可能性がある建築物の解体工事は、平成40年頃がピークに全国的に増加することが見込まれる。 アスベストを処理するには、確かに多額な費用がかかり、これまではなかなかその重要性を理解していただけない発注者や元請業者も少なからずおられました。 しかし、時がたつにつれ、過去のアスベストに対する認識不足により、その影響は悪性中皮腫や肺がんなどを発症が年々増加することになり、アスベストの危険性を認めざるを得ない事実となりました。 これからは、社会全体が、そのアスベストの危険性を把握し、その防止対策を確実に行うことで、被害を最小限に食い止める必要があると思います。

危険なアスベストへの甘い認識

アスベストに関する記事やニュースが最近また多くなってきています。 実はこれについては、アスベストに関する国も規制が厳格化され、国が調査していくうちに、アスベストが私たちの生活の中であらゆるものに利用され、様々な製品や建材に使用されていたことが分かってきたからです。 アスベストの危険性が騒がれたのは、今から20年以上も前ですが、当時は、「お菓子の名前か何かですか?」と勘違いされ、世間一般では、全くその名前すら、認知度はありませんでした。 それは、アスベストが「静かなる時限爆弾」と異名をとるように、悪性中皮腫や肺がんとして発症するまでの潜伏期間が15~20年と非常に長いことに原因がありました。 実際、アスベストが製品や取り扱われ始めたのは、昭和40~50年代からで、その危険性が謳われ始めたのが、平成の初め頃ではないでしょうか。しかし、実際に発症例が増加している発表があったのは、ここ最近です。 当時は、われわれもその危険性を訴え続けても、その信ぴょう性すら疑われ、「そんな大した病気にはならない」「大げさだ」とまで言われたものです。 しかし、最近になって、粗悪な労働環境で従事していた工場や建設作業員が年々、悪性中皮腫や肺がんが発症する例が増え続け、こうした労働者による国やメーカーに対する集団損害賠償訴訟が勃発しました。こうした例を見ても、アスベストの恐ろしさを少し甘く見ていた部分もあったのではないでしょうか。 最近は、飛散性の高い吹付けアスベストは、かなり除去されているようですが、アスベストが含まれている製品や建材は、まだ私たちの周りに山ほどあります。 自分勝手な判断で建物をリフォーム

  • アスベスト除去 成斗建設
  • アスベスト除去 成斗建設

© 2017-2020 SEITO Construction ,All Rights Reserved.