検索
  • DAYTONA HOUSE Fukuoka

ご存知でした?アスベスト処理の届出義務者が工事施工者から発注者へ変更になっていることを


平成26年6月1日から環境省より建築物・工作物の解体工事等に伴う石綿(アスベスト)飛散防止対策が強化」されています。

建物をこわすときはどうしたらいいの?(環境省)

http://www.env.go.jp/air/asbestos/index6.html

これまで吹付けアスベスト処理を含む特定粉じん排出等作業の実施の届出義務者が、工事の発注者から工事発注者または自主施工者に変更になりました。

解体等工事の受注者及び自主施工者は、石綿使用の有無について事前に調査し、その結果等を解体等の工事場所に掲示しなければならなくなっています。

その主な理由として3つあります。

① 建築材料に石綿が使用されてるか否かの事前調査が不十分である事例が確認されている。

② 発注者ができるだけ低額で短期間の工事を求めることなどで、石綿飛散防止対策が徹底されなくなる問題が出てきた。

③ 昭和31年から平成18年までに施工された石綿使用の可能性がある建築物の解体工事は、平成40年頃がピークに全国的に増加することが見込まれる。

アスベストを処理するには、確かに多額な費用がかかり、これまではなかなかその重要性を理解していただけない発注者や元請業者も少なからずおられました。

しかし、時がたつにつれ、過去のアスベストに対する認識不足により、その影響は悪性中皮腫や肺がんなどを発症が年々増加することになり、アスベストの危険性を認めざるを得ない事実となりました。

これからは、社会全体が、そのアスベストの危険性を把握し、その防止対策を確実に行うことで、被害を最小限に食い止める必要があると思います。


17回の閲覧
  • アスベスト除去 成斗建設
  • アスベスト除去 成斗建設

© 2017-2020 SEITO Construction ,All Rights Reserved.